水夏と萃香は関係ない

取り敢えず文章が書きたい時の為に開設してます。

シャドバが何故クソゲーなのかCOJ目線で語る

どうもCOJのイベント走ってる誰何です。

今回の報酬水着ユニットだからね…しょうがないね。

f:id:suica0516:20170812211257j:plain

今なら夏休みキャンペーンで色々おとくなCOJ…やるしかないっ!

 

ところで萌え萌えDTCGと言えば…シャドウバースがありましたね(過去形)

まぁ自分はライブラバハムートで投げたのでもうプレイしてませんが。

(倉きとかアリスが強いみたいに情報は見てます)

 

というわけで本題ですがナーフによって

若干マシになりましたがやっぱりクソゲーであるシャドウバースについて

何故クソゲーなのかお話します。

 

①カウンターという概念が無い

 

例えばCOJには『始世紀ジョカ』というユニットが居ます。

簡単に書くと相手の場に4体以上ユニットが居る時

ジョカ以外のユニットを破壊します。

このユニットの存在によって相手の場に4体、自分の場に0体しか

ユニットが居ないとしてもジョカを出せば盤面を取り返せます。

 

後はインターセプトという伏せカードがありまして

例えば『冥土の献上品』というカード

コスト(PP)を相手ターンに1支払う事で

相手の場に出たユニットと自分の場のユニットを選んで破壊します。

シャドバで例えると鉄槌の僧侶をフェアリーで破壊出来ます。

 

このようにCOJには相手ターンにも干渉出来たり

劣勢を巻き返せるカードが多々ありますがシャドバには殆どありません

まずそこがカードゲームとして駄目です駄目。

 

②攻撃権利どうこうの問題

 

COJでは防御側が相手の攻撃を受けるかどうか選択出来ます。

これによって例えば相手の強いユニットの攻撃は受けないで

弱いユニットの攻撃は受けるといった防御側の選択肢があるわけです。

 

しかしシャドバは攻撃側が攻撃する対象を選べます。

ハースストーンの秘策みたいにカウンターカードがあれば

攻撃されてもまだ盤面を切り返すチャンスはありそうなんですが

前述の通りシャドバにはカウンターカードは現在実装されてません。

よって盤面を取られたら後はほぼ一方的な試合展開になります クソゲーだこれ!

 

③そもそもカードデザインがへたくそ

 

COJには蠅魔王(ようまおう)ベルゼブブというカードがあります。

シャドバで言うとコイツは6コストの5/3で

ファンファーレで相手フォロワー2体にランダムで5ダメージ飛ばして

攻撃時に攻撃力を+2するようなやつです ぶっちゃけクソゲーです。

 

ただCOJはシャドバで言うと相手の攻撃力5以上のフォロワーを全破壊とか

伏せカード2枚を破壊する代わりに相手のフォロワーを2体破壊とか

そういう世紀末ゲーだから良いんです ひどい意味でバランスが取れている。

 

一方シャドウバースですがアホです バカです マヌケです。

シャドバの初期はMTGみたいにじっくりと戦うゲームを想定されていたはずです。

初期のレジェンドを見てみますと

「ローズクイーン」「オーレリア」「エラスムス」「ガブリエル」「サタン」など

強いけどまだぶっ壊れじゃねーなというのが良く分かると思います。

(乙姫だけは言い逃れ出来ませんが)

 

しかし最近のレジェンドと言えば

「水竜神の巫女」「ヘクター」「ビューテイ&ビースト」など

COJばりに能力マシマシなパワーカードばかりです。

MTGでCOJみたいな世紀末カード出したらどうなるかは…分かりますよね?

よって最近のシャドウバースはクソゲーと言う他にありません。

 

取り敢えず長々と書いて頭シャドウバースになりました。

やっぱデジタルでカードゲームやるならCOJが一番ですよ…いやマジで。

あんなに面白いし可愛いカードもいっぱいあるのに流行ってないのが不思議です。

サイゲとセガの資金力の差か…。

アンダーナイトインヴァース ミカちゃん弱くない説

発売してから200戦ぐらいやってます アンダーナイトインヴァース

(STEAM版含めたら400戦ぐらい)

 

で、今作の追加キャラであるミカちゃん 弱いとか言われてるんですが

ミカちゃんは別に弱くないぞというのを説いていこうと思います。

(まぁゲーセンで1年ぐらい一人で練習した前提ですが)

 

一応素人が偉そうに語るのは自分のプライドが許さないので

VITA版だけど現在ランク1位だという証拠貼っときます。f:id:suica0516:20170801012954j:plain

 

さて ではミカちゃんの強みというか戦い方ですが

簡単です 近づいて一生起き攻めして倒し切るだけです。

ただ起き攻めにセンスが要るし近づくのも難しいと思うので

そこら辺だけざっくり解説します。

 

①近づき方

ミカちゃんは技のリーチが短いのでこちらから仕掛けるのは不利です。

なので基本はひたすら中~遠距離でシールド貼ってGRDを貯めましょう。

 

GRDが溜まったら空中ミカちゃんミサイル→CSで強引に近づいて

そっからダメージを取って倒しきりましょう これが基本戦法。

 

ただGRDを溜めさせまいと接近してくる相手も居ます。

そういうやつに対して地上から接近してくる場合は

出の早いダッシュBや立ちB→派生B等で逆に狩りましょう。

 

アサルトや何かしらで空中から接近してくるやつには3C対空が安定です。

ミカちゃんの3C対空はかなり強いので技がかち合ってもまず負けません。

そっからコンボ拾って近づいてハメましょう。

 

まとめると

①基本はGRD溜めてミカちゃんキャノンでぶっこんでCSから攻める。

②GRD溜めさせまいとするやつにはダッシュBや立ちB、3C等で逆に咎める。

 

②起き攻めについて

起き攻めですが基本は暴れ狩りの2A重ねでOKです。

2Aキャンセルミカちゃんキャノンorフォースファンクション溜めor2B下段などで

択をかけましょう。

相手が日和ってガードに専念し始めたらミカちゃんキャノン素だしでも良いです。

CSが出来る状態なら

フォースファンクション中段重ねミカちゃんミサイルCS→アサルトとかいう

トリッキーな攻めも可能です。

 

まとめると

①2A固めからAミカちゃんキャノン、2B下段、3B中段の3択で択る。

②CSがあるならアサルトJB確認CSやフォースファンクション→ミカちゃんミサイルCSで攻める

 

っていう感じです。

取り敢えず一番大事なのはミカちゃんキャノンを上手く通す事だと思います。

投げ抜け可能ですが投げ技なので相手のシールドも割れるし投げ抜け猶予も割りと短いので

そこを上手く通すのが勝ち筋なんじゃあ無いかと思います。

 

あ、あと強い動きとしては

EXミカちゃんキャノンが位置サーチ&下段無敵&投げ抜け不可で強いです。

凄い飛ぶので不意に遠距離から出すと割りと喰らってくれます つよい。

 

あと攻められてる状況での切り返し方ですが

ゲージ100%以上なら困ったら取り敢えずヴェールオフしましょう。

 

上手くシールド貼ってGRDを溜めてCS出来る状態なら

月並ですがCSを擦ってEXミカちゃんトルネードを仕込むのが安定です。

 

後は博打になりますがインフィニットワース(イグジスト)も無敵なので

一か八かでミカちゃんレボリューションやミカちゃんギャラクシーをぶっ放すのも

状況によってはアリです。

 

取り敢えず解説的にはこんな感じです ミカちゃん弱くないょ。

まぁ性能はピーキーなのでクセは強い…ですがね でも可愛いから私は使う。

もののついでに

最近描いた絵でもアップしときます。

(ちょうど工程が全部残ってたので)

アンダーナイトインヴァースのミカちゃんだよ。

 

①ざっくりとバランスをとる

f:id:suica0516:20170729190728j:plain

② ①を元に上からレイヤーでなぞる

f:id:suica0516:20170729190734j:plain

③首の長さ等のバランスが気に入らなかったので修正

f:id:suica0516:20170729190748p:plain

④塗る

f:id:suica0516:20170729190744p:plain

 

っていう感じで描いてます。

 

ちなみに自分は妄想して描くとかいう高等技術は持ち合わせてないので

デジタルで500枚以上(アナログも数百枚)は描いた手グセ(経験)でほぼ描いてます。

立ち絵なんかもう飽きるぐらい描いた…いや飽きてはないですけど。

f:id:suica0516:20170729191526j:plain

 

取り敢えず今からイラストが上手くなりたいという人が居たら

まず模写でもいいから500枚ぐらい描きましょう

1日1枚描いてれば楽勝です)自分もやってたから出来ます。

メイドインアビスのOPが素晴らしい

誰何です。

今期も新しいアニメ始まったーというわけで珍しく4つぐらい見てます

(カケグルイ、野良猫ハート、メイドインアビス、バトガ)

 

本題ですがメイドインアビス

漫画は面白いという話だけ聞いてて読んだことはあったんですが

如何せん絵が見づらいので真面目に読んだこと無かったんですよ

ジョジョが絵柄で敬遠されるような感じ)

 

で、アニメ化という事でアニメ映像を見てみると

見やすいし内容が分かりやすい…面白い…これは王道のファンタジーだ

というわけでネタバレとか色々見てしまいました テヘペロ

それを踏まえたうえでOP↓について軽く語りたいと思います。

なお、私的な解釈で恐らく間違ってる部分もありますがご了承下さい。

 

まず素晴らしい点の一つは曲調の古臭さ

90年台夕方に流行ってたファンタジー系アニメを想起させます。

セイバーマリオネットJとかスレイヤーズとかロスト・ユニバースとかそこら辺)

ファンタジーのなんたるかを良く分かってますね。

(全部林原めぐみだろ!とかいうツッコミはNG)

 

次に素晴らしい点は歌詞です。

何も知らずに見てると普通の歌詞だと思うんですが

ネタバレとか色々見てから歌詞を見ると もう色々と感慨深いものがある…。

 

まずサビ前

「誰もが逆らえずに潜っていく その目を灯火より輝かせて

目指す先は深く まっすぐに迷い込む 口開けた奈落の罠

真実の跡?を追いかけよう」

 

このアニメはざっくり言うと探検家が地下に潜って

古代文明のお宝を発掘するアニメなんですがそれを表してるのが良くわかりますね

 

次サビ

「今答えが見つかるなら 全部失くしても良い

その声を離さないように こだまがまだ響いてる」

 

リコはアニメ2話で母親から

「アビスの深淵?にて待つ」ていうメッセージを受け取るんですね

母親は死亡してるはずなのにメッセージが届くのはおかしい

その答えが見つかるなら全部失くしてもいい

その声(メッセージ)を心から離さないように こだまが響いている

ネタバレですがリコは血まみれになったり

生きるために腕を切断しそうになったりするんで

『答え』の為に『全部なくしても良い』覚悟を文字通り持っています

いい歌詞ですね

 

最後

羅針盤はずっと闇をさしたまま 逃げ場のない方へ

それが呪いでも 鼓動は本物 二度と憧れは止まらない

 

これはアビスの上昇負荷を表していますね

1話で説明があったんですがアビスて言うのは深いとこまで潜ると

『帰ってくる時』に『精神崩壊』や『確実な死』と言った負荷がかかります

ちなみに深いとこまで行くほど当然危険度は増します

 

リコは母親を探すために深淵まで潜るわけですから

当然『羅針盤はずっと闇を指していて逃げ場なんかない』わけですよ

ただその行為が呪い(のようなもの)でも

鼓動(自分の母親に対する意志)は本物 憧れは止まらないんです

『逃げ場がない』ってのと『二度と憧れが止まらない』ってのが

なんていうかダブルミーニングで面白いですね

 

さて長々と書いてしまいましたが言いたいことは一つ

メイドインアビスを見ましょう…それだけです。

全13話なのが本当にショックですがね…。

 

唐突な2017年ダービー予想

ブログの方では久しぶりの誰何です。

普段ツイッターばかりやっててブログなんて書かないんですが

給料日+ダービー=ぶちこみ という事で

「やるしかねぇか…」と思いダービーの予想してみました。

 

で、色々な情報を参考にした結果自分の予想はこうなりました。

◎4スワーヴリチャード

○7アルアイン
 △1ダンビュライト
 △11ペルシアンナイト
▲5クリンチャー

 

以下短評

 

◎4スワーヴリチャード→枠、ペース、位置取り、上りから考えて最も有力。

○7アルアイン→単純に実力上位なので外せない。

△1ダンビュライト→1枠の複勝率7割かつ実力を考えると抑えとしては要る。

△11ペルシアンナイト→ギリギリ差しが届いて3着ならありそう。

▲5クリンチャー→皐月賞はハイペース59を粘って4着 展開次第で一発ある。

 

レイデオロとかアドミラブルはバッサリと切ります。

実力は上位ですがスローペース濃厚かつ差し馬、外枠は流石にキツすぎる。

 

あ、ちなみに自分は▲5クリンチャーの複勝だけ買う予定です。

(予想しといてそれかよ)

それでは。

競馬予想表 自作の計画

どうも誰何です。

相変わらず競馬でちまちま稼いでます。

f:id:suica0516:20170420155115j:plainf:id:suica0516:20170420155116j:plain

 

f:id:suica0516:20170420155114j:plain

f:id:suica0516:20170420155113j:plain

ちなみに今月は元手1万円で現在+2万円ほどです…我ながら調子良い。

昨日のキタサンサジンの複勝もちゃんとゲットしました。

 

で、話は変わるんですが自分競馬予想する時メモ帳使ってるんですよね。

ただ前からずっとエクセルの方が関数あるし楽じゃないかと思ってたんです。

というわけで今日休日だったのでさっき1時間の突貫工事で

試作品的なものを作ってみました。

f:id:suica0516:20170420155535j:plain

平均っていうのはペースの平均

上り指数っていうのはペース平均を上りで割った値です。

この平均を毎回計算するのが面倒だった…w

赤字はその中での最小値 つまりその中で一番速い馬を表してます。

 

ちなみに赤字が何故必要かについて分かりやすく言うと

例えば2人の人間が4kmのマラソンをするとして

①2km通過した時のペースが20分で最後の100mを30秒で走れる人と

②2km通過した時のペースが15分で最後の100mを30秒で走れる人の場合

2kmを15分で走れて最後の100mも30秒で走れる人の方が強いですよね?

 レースのペースが早くても直線で速く走れる馬は強いんですっていう話。

 

取り敢えず今週土曜は仕事で競馬が出来ませんが

日曜日の朝は少し出来るので狙えそうな馬が居たらまた狙ってみます。

エクセルで作った予測表も必要に応じて色々と改良していきますよー。

では今回はこの辺で失礼します。

フリーゲーム『妖幻灯記』の面白さ

誰何です。

最近『妖幻灯記』というフリーの格闘ゲームにハマっています。

つい最近、対戦会にまで行ってしまいました。

 

元々格闘ゲーム自体は好きで『アシュラバスター』やら『アルカナハート3』やら

『カオスストライカー』やら『ぶれいかぁずすぺしゃる』やら

マイナーからメジャーまで大抵のタイトルは網羅している

私的な意見としてはかなり面白い部類に入ります。

というわけでその面白さについて少し解説したいと思います。

 

①操作性の良さ

格闘ゲームと言うのはまず動かして見て手に馴染むかどうかが重要なんですが

それに関しては問題なく及第点以上です。

操作してヤバイと思うゲームをしたい方は『ファントムブレイカー』をどうぞ。

 

②自動ガードという機能がある

格闘ゲーム初心者にとって意外と鬼門なのはガードなんですが

なんとこのゲームはガードを自動でしてくれます。

つまりガードしたいっ!と思う場面ではキー入力をしなくて良いのです 凄い。

 

③コマンドが簡潔

最近の格闘ゲームはコマンドが全般的に簡単になってますが

それでもまだ→↘↓↙←+→Aみたいなちょっと難しいコマンドはあります。

しかしこのゲームは全てのキャラの技がほぼ

↓↘→(波動)↓↙←(竜巻)↓↓で構成されてます。

これにより初心者でもかなりとっつきよく遊ぶ事が出来ます。

 

④必殺技の性能が単純明快

ストリートファイターには『昇竜拳』という技がありますが

最新作だと実は、弱ボタン、中ボタン、強ボタンで性能が違うのです。

という事は相手が飛んできた時、どの昇竜拳を出そうかって言う判断だけで

3つも選択肢があるわけです。難しいですね?

しかしこのゲームには『性能の違う同じ技』というのが存在しないので

相手が飛んできた時はこの技を出すっ!ていう

一つの選択肢だけ考えれば良いのです 簡単!

 

⑤簡単なコンボでも火力が高い

ニトロプラスブラスターズというゲームがありますが

取り敢えずこちらの動画をご覧ください。

なんか良くわかんないけど46HITしてますね?むずいですね?

しかし妖幻灯記は4HITぐらいでも体力の3割ぐらいを削れるのです。

つまり複雑なコンボを使わなくても十分戦えます 良ゲー。

 

⑥キャンセルという概念がない

ギルティギアにはRC(ロマンキャンセル)といい

必殺技ゲージを消費し直前の行動をなんでもキャンセル出来るという

システムがあるのですが、そのシステムのせいで

RCを絡めたコンボや読みあいが発生し複雑なゲームになってしまってます。

例を挙げると相手の攻撃をガードしたのでこっちが攻めるターン

と思ったらRCされて逆に反撃されたと言った感じです。

しかし妖幻灯記にはそういう類のキャンセルは無いので

シンプルな攻防を楽しむ事が出来ます 簡単だね!

 

⑦投げ抜けが出来る

投げというガードを崩す手段があるのですが

これに対し自分も投げボタンを押すと投げを無効化出来る

投げ抜けって言うシステムがちゃんとあります、これ凄いです。

実は投げ抜けが出来ない格闘ゲームって意外とあったりします。

あの有名なストリートファイター2すら投げ抜けは存在してませんからね。

フリーゲームなのにちゃんと投げ抜けがあるって言うのは

良く作り込んでるなぁと思います。

 

さて長々と書いてしまいましたがどうだったでしょうか。

興味が湧いた方は是非ダウンロードしてプレイしてみて下さい。

そして対戦会に参加して私にボコられて

心にトラウマを抱えながら一生を過ごすまでがテンプレです。

トラウマが欲しい方、お待ちしております。