読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水夏と萃香は関係ない

取り敢えず文章が書きたい時の為に開設してます。

格闘ゲームコラム③

7月になりました。

ちなみに7月の旧暦は「文月」です。

旧暦を艦これで覚えた方は未来ある若者です勉強を頑張りましょう。

HAPPY☆LESSONで覚えたオッサン共はいい加減2次元を卒業しましょう。

 

というわけで誰得な格ゲーコラム第3回です。

まぁ人が来なくてもニコニコのブロマガで使い回しますので

それはそれで良いのです…見てくれる人が居るに越したことはないですが。

 

さて今回は「必殺技をきちんと出そう」というお話です。

格闘ゲームには通常技(ボタンだけ押して出る技)と

必殺技(レバーとボタンを使う技)の2種類があります。

波動拳昇竜拳が代表的な必殺技ですね。

 

ゲームによっては派生技が一杯あったりコマンドが難しかったりしますが

自分の使うキャラは技を全部覚えて

9割は成功出来るようになるまで必殺技を出す練習をしましょう。

(第1回で言った通り格ゲーは展開が速いのでミスを減らすためです。)

 

と言っても恐らくそんな事を言われても技が出ねえよぉ!

と言う人が大半だと思うので技を出すためのコツを伝授します。

 

そもそも格闘ゲームの技というのは

コンマ数秒の間にコマンドが成立していた場合に技が出る

という仕組みになっています。

ここで大事なのはコマンド受付時間がコンマ数秒という点と

コマンドが成立していた場合という点です。

 

格闘ゲームの技がうまく出ないという人の原因を調べてみますと

レバーを一つづつゆっくりと入力していたり

間に変なコマンドが入力されていて違う技が成立したりするのが原因のようです。

コマンド受付時間はコンマ数秒ですのでレバーはサっと入力するのがポイントです。

 

もう一つのポイントとしては入力はしっかりとする事です。

例えば昇竜拳のコマンドは→↓→ですが

最初の→を入力できていないために波動拳に化けてしまうという事が多々あります。

昇竜拳を出す際は最初の→を手首を使ってしっかり入力しましょう。

 

まとめると必殺技をきちんと出すコツは

しっかりと素早く正確に入力をするという事です。

格闘ゲームの技というのはナイーブなものなので

しっかりと出したい技が出せるようになるまで練習しましょう…。

 

取り敢えず今回のお話はここまで

次回は「必殺技のキャンセル」についてお話したいと思います。

それではまた明日。