読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水夏と萃香は関係ない

取り敢えず文章が書きたい時の為に開設してます。

格闘ゲームコラム⑥

こんにちは誰何です。

そういえば何故毎日更新してるか言ってませんでしたが

 

①文章を書いてストレス発散

②決めた目標をきちんとやり遂げる練習

ニコニコ動画に投稿する前のテストがてら

 

というのが主な理由です。

目標をやり遂げる強い意志力は格ゲーでも重要なはず…。

 

そんな感じで今回の記事を書いていきます。

前回は「複合入力をしよう」というお話でしたので

今回はそれに関連して「必殺技の仕込み」

というお話をしていきたいと思います。

 

さて以前キャンセルについてお話した際に言い忘れてましたが

格闘ゲームでは技が空振った場合

その後に入力していた技が出ないというシステムがあります。

仕込みとはそれの裏を突いたテクニックです。

 

 いつも通りリュウのしゃがみ中キックを例に出しますが

相手に当たらない距離で自分はしゃがみ中キックを振っています。

相手がダッシュしてきたのでヒットしました。

この時とっさに反応してキャンセル出来るでしょうか…出来ませんね?

 

折角しゃがみ中キックが当たってキャンセルでコンボが出来るのに

その機会を逃してしまうなんてもったいない…どうすれば。

 

そういえば格闘ゲームでは技が空振った場合

その後に入力していた技が出ないんだったな。

それじゃあヒットしてもしてなくても常に波動拳を入力していれば

 

①しゃがみ中キックが当たった場合→波動拳が出る

②しゃがみ中キックが当たらなかった場合→何も起きない

 

じゃないか よしじゃあしゃがみ中キックを出した時は

常に波動拳のコマンドを入力しておこう。

 

っていうのが「必殺技の仕込み」です。

技をスカしてもリスクが無くて当たったらリターンがとれるなら

やらない理由は無いですね?

一見適当に技を振ってるだけに見えても

意外と裏でこういう操作をしてたりするんです。

 

みなさんの身近にも適当に見えて裏ではしっかり努力しているという

人間は居る事でしょう…裏でこっそり頑張るというのは大事です。

 

といったところで今回のお話は終わりです。

次回は「ガードを崩そう」というお話の予定です。

それではまた。