読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水夏と萃香は関係ない

取り敢えず文章が書きたい時の為に開設してます。

格闘ゲームコラム⑪

こんばんは誰何です。

さて最後の(コラムの)更新の時がやって参りました。

閲覧0とかいう状況が続いて正直苦しかったですが

一応は11回まで続けた私をほめて下さい。

 

最後の記事はずばり「精神論」です。

もう基本操作やらなんやらについては解説し終えたので

後は個人的に格闘ゲームで戦う際に心がけているセオリーを

箇条書きに紹介して終わりたいと思います。

それではどうぞ

 

①まずは様子見から

同じ相手となんどもやっていると段々手の内が分かってきますが

最初の状況では相手が何をしてくるのか分かりません

なのでその日最初に戦う時(相手)に対してはまず様子見しましょう。

 

②同じ行動は2回まで

例えばガードさせて投げるという立ち回りは強力ですが

流石に同じ事を相手も何度も喰らってくれません。

3度目の正直という諺の通り同じ事は2回までにしましょう。

 

③相手の意表を突こう

開幕でずっと飛び道具を撃つという行動をしている時

不意に次のラウンドの開幕で投げに行くように相手の意表を突きましょう。

 咄嗟に仕掛けるのが大事です。

 

④引き出しを多くしよう

当たり前ですが攻め方のバリエーションが多い人ほど

相手のガードを崩しやすく有利です。

よく当たるなぁと思った技や連携についてはしっかり覚えときましょう。

 

⑤相手の強い技を知っておこう

上記とにたような事なのですが格闘ゲームのキャラというのは

大体なにかしら強み(強い技)がありそれを起点に攻める場合が多いです。

なので相手のその起点となる技だけでも知っておきましょう。

 

⑥全体を見よう

恐らくこれが一番大事です。

格闘ゲームではゲージ、体力、残り時間など様々な要素があります。

相手にゲージがあれば無敵技を使われるから攻めるのはやめよう とか

残り時間と体力から考えて守り切って勝とう とか

この体力差ならガン攻めしても勝てそうだから攻めよう とか

総合的に見て臨機応変に立ち回りを変える…のが大事です。

 

さてこれにて格闘ゲームコラムは終了となります。

正直新しく始める場合 何をやっていいか良くわからないし

操作が難しそうなゲームだとは思いますが

これを読んで興味が湧いた方は是非プレイしてみてください。

意外と慣れればどうにかなるものです。

それでは次の更新があればお会いしましょう。