水夏と萃香は関係ない

取り敢えず文章が書きたい時の為に開設してます。

仮想通貨でブックメーカーによる税金について

誰何です ブログでは書かないとツイッターで言ったがあれは嘘だ

いや ちょっと風呂上がりで髪の毛乾くまで時間があるので

まぁ暇だし書いておこうかなと

 

事の発端を簡単に話しますと

3000円分の仮想通貨で256倍を当てる→儲けが50万円超えたので

税金が発生するがこの場合一時所得なのか雑所得なのかどっち?

というお話です

https://twitter.com/suica_midi/status/1147209873093828608

https://twitter.com/suica_midi/status/1147228612145270784

 

というわけで税務署にいって色々お話してきたんですが

結論から言うとほぼ一時所得でOKだと言われました

例を挙げて簡単に説明しますと

 

XRP42円の時に10XRPブックメーカーで100XRPに増やします

そしてその100XRPを取引所に送って43円で売りました

→この場合はブックメーカーで儲けた差額90XRPは一時所得

取引して得たお金90XRP×43円+10XRP×1円は雑所得として

税金がかかります(多分)

 

②1XRP42円の時に10XRPブックメーカーで100XRPに増やします

そしてその100XRPを取引所に送って42円以下で売りました

→この場合はブックメーカーで儲けた差額90XRPが一時所得としてかかるだけで

取引して得たお金100XRPに関しては雑所得がかからないらしいです

何故なら1XRP42円の時に買って売る時に42円以下=雑所得としてみると

損をしているから という理由らしいです 不思議だ…

 

あと、ブックメーカーで利益を得た場合大体は直ぐに結果が出て

取引が数日で終わる=長期保有していないから雑所得に分類はしづらい

という理由があるのも聞きました

 

ちなみに、じゃあ税金の額はどうやって求めればいいのん?という話ですが

本当は賭けた時の値段と払い戻された時の値段を全部調べて

その差額でいくら儲けたか求めないといけないらしいですが

そんな作業出来る暇はないしそもそもいくらだったかが分からないので

その日の終値始値を対象にすれば良いのでは?と言われました

 

要約するとブックメーカーで賭け事をする場合の最も効率の良い方法は

ある額で通貨を購入し、ブックメーカーの口座に移動させて賭けて増やす

そして取引所に勝った分も含めて通貨を移して購入した額以下で全て売る事です

こうすれば雑所得では無く一時所得とみなされると税務署の方は仰ってました

 

ちなみに長期的に保有した場合は雑所得とみなされるかもしれないので

そこだけ注意して下さいと言われました ハイ

 

取り敢えず仮想通貨でギャンブルしたからと言って

必ずしも雑所得に分類されるわけではないので

まぁ困ったら税務署に相談しましょう…それでは