水夏と萃香は関係ない

取り敢えず文章が書きたい時の為に開設してます。

仮想通貨とブックメーカーを利用した節税方法

誰何です 大金を手に入れたけど日本税金高すぎ

というわけでそんなお嘆きの貴方に朗報です

仮想通貨とブックメーカーを併用すると脱税節税が出来ます

やり方はとっても簡単

 

1XBITやスポーツベットIOといったブックメーカーには

ウォレット間送金という機能

または日本円の口座に直接仮想通貨で入金ができます

簡単に言うとブックメーカーで仮想通貨を円に変えられます

f:id:suica0516:20191030213902j:plain

だから一体なんなんだ?と分からない方の為に説明しますと

 

仮想通貨というのはネットを利用して世界中どこでも送れるというのがメリットで

例えば息子が海外に留学してる親御さんが息子に仕送りしたい場合に

普通に送ると手数料が5000円ぐらい取られるんですが

仮想通貨だとそういうの取られないしサクッと送れるんです 便利ですねぇ

 

閑話休題

 

さて世界中どこにでも送れるという事を利用して

最近では仮想通貨に対応してるブックメーカーも多いです

しかし仮想通貨は価格が不安定で

そのまま所持しておくのはかなり不安感が募ります

ところが前述のとおり最近では仮想通貨を日本円に変換できる

ブックメーカーも増えてきています

 

じゃーつまりなにがなんなの?って言いますと

日本の取引所→海外のブックメーカー→円に変換

これって傍から見たら取引所からコイン送っただけに見えませんか…?

 

仮想通貨は現金化した時点で税金が発生します が

逆に言えばコインのまま所持しておけば税金は発生しません

取引所からブックメーカーに送った時点でのトランザクション

税務署にバレてるかもしれませんが

仮想通貨というのは匿名性がとても高くて誰がどこに送ったか

というのを特定するのは凄く難しいです

 

それに加えブックメーカーに送ったというのが判明しても

ブックメーカーは胴元が海外にあるので

税務署がベットの履歴を請求しても海外の法律が適用されて

個人情報だから恐らく請求は出来ないと思うんです

 

つまり結局どういう事をすれば良いのか一例を挙げますと

1時所得が上限に引っかかってギャンブルが出来ない!

→取引所に10万円入金して仮想通貨購入してブックメーカーで円に変換

ブックメーカーで20万円ぐらいまで増やす

→取引所に10万円戻して10万円をブックメーカーに置いておく

→円は法定通貨なので日本での価値が不変なので他人名義の口座とか

翌年に雑所得とかに混ぜて引き出す

 

という事です まぁぶっちゃけやってる事はかなり黒いですが

これぐらいしないと今の増税過多な日本じゃ生きていけないから仕方ない

一応さっきベットしたスリップ貼っておきます それでは

(1.03倍に10万円賭けて∔3000円)

f:id:suica0516:20191030215721j:plain